髙願寺 二法要の最近のブログ記事

ごあいさつ
                                              髙願寺住職 宮本 義宣

 このたび、覺王山髙願寺「親鸞聖人750回大遠忌法要」並びに「至心學舍落成慶讃法要」を厳修できますこと、心から感謝申し上げます。

 さて、2012年(平成24)年1月16日は、宗祖親鸞聖人の750回忌をお迎えします。京都・西本願寺では、2011(平成23)年4月9日から翌年の1月16日まで、「親鸞聖人750回大遠忌法要」がご修行になります。

 親鸞聖人のご遺徳を偲び、聖人がご生涯をかけてお勧めしてくださった「お念仏のみ教え」を多くの人々に伝えひろめていくため、50年に一度のご本山の法要のお待ち受けとして、当山における750回大遠忌法要をお勤めいたしました。
 髙願寺としても来年6月にはご本山の法要への団体参拝も計画しております。このたびのご法要を機縁として、多くの皆さまのご参拝をお願いいたします。
 また、かねてから種々ご高配をいただいておりました「至心學舍」が完成し、「至心學舍落成慶讃法要」をあわせて厳修させていただきました。
 至心學舍は、新潟県柏崎市の築110年の古民家を譲り受けたものです。移築工事につきましては、2007年11月から解体工事がはじまり、同年12月、境内に18メートルの梁をはじめ解体した木材が搬入されてきました。約2年半の境内における建築工事を経て、このたび竣工いたしました。
 工事期間中は、門信徒並びに工事関係の方々など、多くの皆さまから賜りましたご厚情に対し、衷心よりお礼申しあげます。
 木造建築には、あたたかさがあり、ぬくもりがあります。髙願寺にお参りくださる方々がホッとしていただける空間を作りたいと考えてきました。
 至心學舍は、仏事はもちろんのこと多目的な用途で活用し、多くの人々に親しまれる「学んで、楽しめる」建物となるよう努めてまいります。どうぞ、至心學舍で、心温まるひとときをお過ごしいただけましたら幸いです。
 ここに改めて、本法要に際しご協力いただきました多くのみなさまに深く感謝を申しあげまして、ごあいさつとさせていただきます。
 本日は、遠近各地よりようこそご参拝くださいました。
                                                          合 掌

9:30 受付開始
IMG_5468.JPG
あいにくの雨模様でした
10:30 「至心學舍落成慶讃法要」
「至心學舎」入堂
IMG_5426.JPG
おつとめは,「正信念仏偈」依経段
IMG_5436.JPG
IMG_5438.JPG

11:10 「親鸞聖人750回大遠忌法要」本堂にて
おつとめは,「正信念仏偈」依釈段
IMG_5446.JPG
IMG_5441.JPG
IMG_5442.JPG
12:15 「記念法話」
      藤田 恭爾師(横浜市中区桜木町・寶光寺住職)
12:50 「記念式典」
      住職あいさつ 
      感謝状・記念品贈呈(代表者謝辞)
      門徒総代謝辞

至心學舍へ移動
13:20 「レセプション」
乾杯!!   
reception1.JPG
料理は,「ビストロ ポップコーン」さん
美味しくて,あっという間になくなりました.
P1000669.JPG
フルートの演奏をしていただきました.
今井裕さん(左)と清水幸さん(右)
P1000715.JPG


15:00  終了
       

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち髙願寺 二法要カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは親鸞聖人750回大遠忌法要 本山団体参拝旅行です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261