『十五夜 音楽会』  二胡 演奏

| コメント(0) | トラックバック(0)

『十五夜 音楽会』  二胡 演奏

9月20日(金)19時~20時30分  境内/特設ステージ  無料・雨天の場合は建物内にて

月あかりのなか二胡の演奏をお楽しみください。
お団子とお茶をご用意してお待ちしています。

1069369_181926755317494_1187359322_n.jpg
演奏 姜暁艶(ジャン ショウイェン)  二胡奏者/医学博士

プロフィール 
 5歳より二胡を習う。1997年来日以来、日本全国やアメリカで二胡演奏と医学講演等で幅広く活躍。 
 NHKをはじめ、多くのテレビ・ラジオ番組に二胡の生演奏とトークで出演。24時間テレビ30「愛は地球を救う」~人生が変わる瞬間~、石井竜也×広島交響楽団によるGROUND ANGEL ORCHESTRAコンサートにゲスト出演。
 CDアルバム「追夢」、「願」、「慈響 」、「めぐみ」、「輝けいのち」「千の風」「悠」「蓮心」「心恋」をリリース、好評発売中。
 2002年3月広島大学で医学博士号を取得。
 日本二胡学会理事、二胡音楽院院長、元広島大学医学部客員研究員
 http://www.niko-jiang.com/

二胡ってどんな楽器なの?
niko.jpg
二胡(にこ)は中国名で「アールフー(èrhú)」といいます。そのルーツは古く、もともとはペルシャよりシルクロードを経て伝えられたと言われています。
二胡には弦が2本しかありません。外弦・内弦の間に挟まれた弓を弦に擦り付け、その摩擦によって出た音を、蛇の皮を張り合わせてある琴筒で共鳴させ、独特の表情豊かな音色を作り出します。勇ましい音から柔らかい音、動物の鳴き声まで自在に表現 でき、その音色は郷愁と喜びを奏で、人々を魅了します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kouganji.net/mt/mt-tb.cgi/104

コメントする

このブログ記事について

このページは、住職が2013年8月 9日 10:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「境内にいる蝶たち」です。

次のブログ記事は「受贈本のご紹介『お寺の教科書』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261