金木犀キンモクセイ

| コメント(0) | トラックバック(0)

キンモクセイ(金木犀、学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、ギンモクセイの変種。中国南部が原産で江戸時代に渡来した。

本堂の前に植えられています.
いま,花が満開でとても良い香りがしています.
kinmokusei_112002_web.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kouganji.net/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

このブログ記事について

このページは、住職が2011年10月 2日 11:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「榧の実」です。

次のブログ記事は「扁額「至心學舍」完成する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261