榧の実

| コメント(0) | トラックバック(0)

境内には,三本の榧(カヤ)の木が植えられています.
庫裏玄関前の木は,川崎市の保存樹に指定されています.
実が落ち始めました.
イチイ科(またはイヌガヤ科)カヤ属の常緑針葉樹.
カヤ.jpg

榧の実
カヤの実からとれる油は,最高のてんぷら油として珍重されてきたそうです.いま入手するのは困難とか.
高野山の宿坊・櫻池院(ようちいん)ではカヤ油を使った「三品豆腐(さんぴんとうふ)」と言われる料理があるそうです.
カヤの実.jpg
実を集めて籠に入れておいたら,何人かの方から「あの実はどうするのですか?」と尋ねられました.「実からてんぷら油を取ってみようかと」と答えると,鳩が豆鉄砲を食らったような顔をされていました.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kouganji.net/mt/mt-tb.cgi/23

コメントする

このブログ記事について

このページは、住職が2011年9月27日 15:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初秋の花」です。

次のブログ記事は「金木犀キンモクセイ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261